家庭菜園のキュウリの育て方!初心者向けの簡単な栽培方法

実はキュウリは、意外と長い期間育てるのが難しい野菜なんです。

  • キュウリを育てるのは簡単じゃないの?
  • 畑かプランターのどちらに植えるのが良いの?
  • 植木鉢でも栽培できる?
  • どの品種が育てやすいの?
  • 接木苗が何なのか、わからない…

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんな家庭菜園でキュウリを育てたいというお悩みを、プロの観点から解決します。

具体的には、

  • おすすめの品種
  • 栽培スケジュール
  • 育て方とコツ

の順番にご紹介していきます。

3分くらいで読めますし、初心者の方でも実践できる簡単な方法なので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

おすすめのキュウリ品種と苗

キュウリのおすすめ品種

キュウリのおすすめの品種は、こちらです。

  • 夏すずみ(定番)
  • シャキット(イボイボ型)

種から育てる?苗を買う?

キュウリは種から育てることもできますが、苗を買うことをおすすめします。

なぜかというと、苗から育てる方が楽だからです。

それに種を買うと一袋に入っている種の量が多いので、余ってしまうと思います。

野菜の種は時間が経つと発芽する確率が下がってしまうので、来年用に取っておくのはおすすめできません。

なので、キュウリは苗を買って育てましょう。

種と苗を買えるお店

キュウリの種や苗は、ホームセンターやネット通販で購入できます。

種でしたらネット通販で買うのがおすすめです。

しかし、苗はホームセンターや園芸店で買うのがおすすめです。

苗は状態を確認してから買いたいですし、輸送中に傷む危険性もあるからです。

 

苗は接木苗がおすすめ

キュウリの苗は接木苗がおすすめです。

接木苗とは根と茎がそれぞれ別の品種、もしくは別の植物の苗です。

なぜわざわざ二つの苗をくっつけるかというと、その方がメリットが大きいからです。

  • 生育が旺盛になる
  • 病気になりにくくなる
  • 収穫量が増える
  • 実が大きくなる

接木苗にはこのようなメリットがあります。

ただし、デメリットとして通常の苗よりも値段が少し高いです。

それでもお値段以上の価値があるので、ぜひ接木苗を選んでください。

その方がキュウリ栽培を失敗する可能性が減ります。

キュウリの栽培スケジュール

手順1
3月種まき
種をポットに播きましょう
手順2
4月苗を育てる
苗を育てましょう
手順3
4月畑かプランターを準備
畑かプランターを準備しましょう
手順4
5月苗を植える
苗を植えましょう
手順5
5月支柱とネット張り
支柱を立てて、ネットを張りましょう
手順6
6月摘心とわき芽取り
摘心して、わき芽を取りましょう
手順7
6月収穫
実を収穫しましょう

 

種を播く時期は3月

種から育てたい場合には、キュウリの種をまく時期は3月頃。

苗を植える時期は5月

キュウリの苗を植えるのは、4月から6月頃がおすすめです。

5月のゴールデンウィーク明けが良いでしょう。

収穫できる時期は6月から8月

5月に苗を植え付けた場合には、6月から8月頃まで収穫できます。

植えるタイミングをずらせば、収穫できる時期もずらせますよ。

 

キュウリの育て方とコツ

種の播き方

種から育てる場合には、キュウリの種はポットに播きましょう。

8cmくらいのポットに培養土を詰めて、種を一粒ずつ播きます。

苗を植える場所

苗を植える場所は、畑や庭、プランターや植木鉢でもOKです。

地面に直接植える場合には、苦土石灰と肥料を混ぜ込んでおきましょう。

それから畝を作って、マルチを張っておきます。

苗を買ってからの管理

苗を購入したら、水やりをしましょう。

水やりは土の表面が乾いている場合だけにします。

苗を植えるときのポイント

苗を植えるときのポイントは、水やりです。

地面に植えるときには、苗を植える前の植え穴に10リットルほど水を入れます。

それから苗を植えましょう。

植木鉢やプランターに植えるときには、苗を植えた後に鉢底から水が溢れるまで水を与えます。

支柱立て

キュウリを育てるときには、合掌造りの支柱を立てましょう。

園芸用の支柱を用意し、畝の両側に斜めに差し込みます。

交差した部分を紐で縛り、これを2セット作ります。

この支柱に細い園芸用の支柱を渡し、固定します。

これで合掌造りの支柱が完成です。

ネット張り

完成した支柱に園芸用のネットを張ります。

ネットはピンッと張るのがポイントです。

仮支柱と誘引

キュウリの株元に仮支柱を立てます。

その仮支柱の先をネットに当てて、キュウリをネットに誘導します。

茎を紐で8の字巻きにして、仮支柱に誘引します。

花とわき芽取り

キュウリは本葉7枚目までの花とわき芽を取ります。

その方がキュウリの生育が良くなるからです。

摘心

キュウリが支柱の高さと同じ高さまで成長したら、摘心します。

摘心は伸びている茎の先端を切って落とすだけでOK。

摘心をすると栄養がわき芽に分配されて、わき芽の生育が良くなります。

摘葉

色が変わった葉は取って捨てましょう。

病気に感染した葉を残しておくと、今度はその葉が感染源になってしまいます。

家庭菜園向けキュウリの育て方まとめ

今回は家庭菜園の初心者向けのキュウリの育て方を紹介しました。

家庭菜園でキュウリを育てると、採れたてで新鮮なキュウリを食べられます。

この機会にぜひ、キュウリ栽培に挑戦してみてください。